写真スライドショーの作成ならiMovieで決まり【一瞬でプロのような仕上がり】

写真スライドショーの作成ソフトはiMovieで決まり

「何枚もある写真や動画を使ってスライドショー動画を作ってくれない?」

もしあなたがこのような依頼をされたとき、どのソフトを使用して写真スライドショーを作りますか?

私だったらiMovieをおすすめします。Premireはおすすめしません。

この記事ではiMovieを使って写真のスライドショーを作る方法をお伝えします。

※iMovieを使った説明なのでMacユーザー限定の記事になります

写真のスライドショーを作るのにiMovieを使う理由

iMovieを使う理由を一言でいうと、ちょーかんたんでちょー効率が良いから。

それだけです。

もし、スライドショーを作る際に以下のような前提条件が合ったとき、あなたならどう作りますか?

  • 写真素材が100枚
  • 動画素材が5点
  • BGMとして楽曲が3曲
  • 写真のサイズは高さ幅ともにすべてバラバラ
  • 写真すべてにモーション(パンやズーム)をつける

私は最初、この写真スライドショーをPremireProで作成しようとしました。

ですが、超絶手間がかかる!!

何がって、写真サイズがバラバラなのでモーションを複数作って貼り付けたときに思ったようにならない。。。

だからといって、写真一枚一枚にモーションを設定してたら何時間もかかる。。。

Premireでは一度作ったモーションをコピー&ペーストして他の写真にもモーション効果を適用することはできます。

ですが、大きなサイズの写真に合わせてモーションを作ると、サイズの小さな写真だと表示されたときにやたら大きくなる。そして逆も然り。

AfterEffectsを使えばうまくできるのかもしれませんが、いまの私にはそのようなスキルはありません(^^;)

 

ですが、iMovieを使えばこの問題は一瞬で解決します。

 

iMovieの場合は、サイズがバラバラの写真をコンポジション(動画の入れ物のようなもの)に入れるだけで、自動的に画面のサイズにフィットしてくれます。

しかも、勝手にモーションも設定されます。(これ最高!)

しかも、モーションの指定の方法がちょーかんたん!画像をダブルクリックしてモーションの動きをドラッグ・アンド・ドロップで指定するだけ

iMovie-motion

画面右上部分でモーション(ズーム)を設定できます。

神機能でしかないですね。

だから私は写真スライドショーを作るときはiMovieを使ってます。

iMovieで写真のスライドショーを作る方法【かんたんです】

私が写真スライドショーを作るときの流れを紹介しますね。

  1. iMovieを起動して、写真素材や動画素材、そしてBGM素材をiMovieに読み込ませる
  2. BGMに合わせて各写真の表示時間を調整する
  3. 全素材にトランジションを適用する
  4. 各写真のモーションを微調整する
  5. 各動画素材のボリュームレベルを調整する

以上、私が写真スライドショーを作成するときの流れになります。

これから写真スライドショーを作ってみたい方の参考になれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスのWEBエンジニアとして活動中。 WEBの専門家としてWEBディレクションからコーディングまでを一通り経験。 WEBで悩んでいる方に役立つ情報をブログで配信中。 ライフワークでは、キャンプにはまってます♪