Chrome 68リリースに向けた「HTTPSの対応」は済んでますか?

Chrome 68リリースに向けて「HTTPSの対応」

2018年7月にリリースが予定される「Chrome 68」から、閲覧するWebサイトがhttpサイトというだけで「保護されていません」とマークされます。

2018年7月25日にChrome68がリリースされました

(Chromium Blog)https://blog.chromium.org/2018/02/a-secure-web-is-here-to-stay.html

「保護されていません」とマークされると?

つまりこれは何を意味するかというと、Webサイトを閲覧するユーザーに対してChromeが「今、閲覧しているWebサイトは通信が保護されていないため注意してくださいね!」と教えてくれるようになるんです。

とても親切ですよね(^^)

そしてさらに、アドレスバー付近の「保護されていません」をクリックすると、下記のように「このサイトへの接続は保護されていませんので、パスワードやクレジットカードなどの機密情報を入力しないでください」と警告してくれます。

このサイトへの接続は保護されていません

閲覧者にとっての安心、安全に配慮した仕様ですよね♪

上記のとおりWebサイト閲覧者にとってはとてもありがたい機能です。しかし、Webサイトの運営者側としてはどのような影響があるでしょうか?

あなたのWebサイトやブログがHTTPS対応しているのであれば、何も影響は無いかもしれません。ですがもし、HTTPSに対応していなかったとしたら…

あなたは想像できますか?

見込み客があなたのWebサイトに訪問したときに、「このサイトへの接続は保護されていません」と赤字で表示され、さらに「パスワードやクレジットカードなどの機密情報を入力しないでください」と警告されるんです。あなたが訪問者だったら何を思いますか?

私だったら、その時見ているWebサイトを不審に思い検索結果に戻るかもしれません。もしネットショップのようなECサイトだったら商品を購入しません

特にWeb集客に力を入れているサイトであれば、HTTPS対応は必須と言える時代になりました。というか、もう何年も前から必須になってますよね。

Chromeが使われている割合は?

ところで、Chromeを使っている人って多いの?といった疑問もあります。そこでChromeの割合を調べてみました。

以下は、日本国内で2017年4月から2018年4月までの約1年分の統計データになります。

ブラウザシェア割合

Chromeは断トツ1位ですね…たぶんアンドロイドのスマートフォンが普及しているからなんですが(^^;)

次にsafari。safariはiPhoneのシェアに伴い多くなっています。

7月までまだ時間があります。最近ではHTTPSに対応するための費用もかなり安価になってきました。レンタルサーバー会社によっては、レンタルサーバーを契約していれば、HTTPSに対応するためのSSL証明書サービスが無料で利用できるものもあります。

これを機にあなたのWebサイトもHTTPSに対応してみてはいかがでしょうか?

ちなみにHTTPSの対応はかんたんにできますよ(^^♪

HTTPS対応が無料でできるレンタルサーバー

参考までに私が利用しているレンタルサーバー会社を紹介しますね!もし既に紹介する下記のレンタルサーバーをお使いであれば、無料でHTTPSに対応することができます。

エックスサーバー
さくらインターネット
ロリポップ!

おすすめレンタルサーバー3社の応答速度比較(エックスサーバー、ロリポップ、さくらインターネット)

2018.04.19


WORDPRESS集客用WEBサイト最適化初期セットアップマニュアル

今なら特典で『WORDPRESSをWeb集客に最適化するためのマニュアル』付き!

Webで安定した集客を手に入れたい個人起業家の方へ
実践WEB集客メール講座
【無料】

この講座では、ライターやデザイナー、カウンセラーなどの個人起業家の方が、Webを利用して集客していくための仕組みの作り方を実践しながら学ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + three =