Webライターの仕事は副業でもできる?

Webライターの仕事は副業でもできる?

Webライターとは?

Webサイトやブログ、Web上のニュースや広告の文章などの記事を書く職業の方をWebライターと呼びます。

Webライターのような職業になるには、Webライター職として企業に就職するか、フリーランスとして個人起業するなどの方法があります。

Webライティングとは?

Webライティングとは、「読み手に伝わりやすい内容で文章を書くことに加えて、SEO(Search Engine Optimization)と呼ばれるGoogleなどの検索エンジンに良い評価をもらえるような対策がされた文章を書くこと」と私は定義しています。あくまで個人の考えです。

スマートフォンが普及してインターネットが身近になった今、Web上に掲載する文章を書くことは必然的にWebライティングになります。そしてWebを活用して集客活動や売り上げを上げる活動をすることがあたり前になったことに伴い、このWebライティングのスキルを持っている人はこれからどんどん必要とされていくと考えられます。

またこのWebライティングのスキルとして文章を書くスキルは当然ですが、それに加えてHTMLSEOなどのWebに関する技術的なスキルも必要になります。

Webライターの3つの働き方

Webライターの働き方

Webライターとしての働き方はいくつか大きく分けることができます。ここでは代表的な働き方についてお伝えします。

正社員

企業に就職してWebライティングの仕事に携わる働き方は一般的なのかもしれません。会社の経費で勉強もできるし、集客や仕事の受注も営業担当がやってくれることが多いので、Webライティングの作業に集中することができます。

将来プロのWebライターになるためには1番の近道かもしれません。

バイト

企業などがアルバイトとして募集していれば、アルバイト社員としてWebライティングの仕事に携わることもできます。

企業に所属してWebライティングの仕事をするメリットとしては、まわりにWebライティングの経験者がいると思いますので、いろいろノウハウを学べることです。

どんどんスキルやノウハウを吸収して将来的に独立するといった方向性もありですね。ただし、Webライターとして将来独立したり転職するといった目標がなければアルバイトでWebライティングをするよりも、次に紹介する在宅でのWebライティングの仕事をするほうが自由に仕事ができておすすめです。

在宅(フリーランス)

現在ではクラウドソーシングを利用して在宅で仕事ができる時代になりました。そのため、専業主婦や学生の方でも在宅でWebライティングなどの仕事を受注し働くことが可能です。

またWebライターの仕事であれば、パソコン1台あればいいので初期コストもそれほど必要ありません。

稼げないWebライターがいる理由

稼げないWebライターがいる理由

Webライターとして活動している人はたくさんいます。しかし、実際のところ多くのWebライターは大きく稼げていない現状があります。

ここではその理由をお伝えします。

クラウドソーシング内での価格競争(低価格化)

クラウドソーシングの中ではだいぶ価格競争が本格化しているようで低料金化が目立ちます。

実績があり評価も高いランサーに限っては指名で高単価の仕事の相談や発注がされている現実もありますが、ランサーとして登録したばかりの方は価格競争の中で仕事を受注していく必要があります。

そのため、いつまでも指名されないランサーでいる限り大きく稼いでいくことは難しいのではないでしょうか?

理想は仕事を受注するだけでなく、発注もできるようになることだと私は考えます。

アルバイト感覚での仕事

専業主婦や学生が空いた時間に小遣い稼ぎでライティングをしているのも大きく稼げない理由になります。そもそも大きく稼ぎたいとは考えていないと思いますので、それはそれで仕方ないことかもしれませんね。

将来的に本業としてWebライターになる予定があるなら、低料金でも数をこなせればよい経験となります。

Webライターの集客方法

クラウドソーシング

Webライティングの初心者はクラウドソーシングと呼ばれる仕事の受発注サービスを利用している方が多くいると思います。(ランサーズやクラウドワークスなどが有名)実際私もメディアサイトを作るときなどクラウドソーシングを利用して記事の作成依頼をしています。

クラウドソーシングは、割安で記事の仕事を依頼できるので発注者が多くいます。そのため、Webライターとして経験を積むには絶好の環境だと言えます。Webライティングの初心者にお勧めです。

ブログ

Webライターが仕事を得るための方法として、独自のブログサイトを運営する方法もあります。

WebライターはWeb以外のライターとは少し違い、場合によって文章を書く際にGoogleなどの検索エンジンを考慮する必要があります。そのため、どのような文章の書き方やタイトルの決め方がGoogleとの相性が良いかなどが自然と身についてきます。

そのため、Webライターこそ独自のブログを持って運営するのが、稼げるようになる近道だったりします。

ちなみに独自ブログとは「有料のレンタルサーバー」で「独自ドメイン」で運営しているオリジナルのブログのことです。アメブロやBloggerなどの無料ブログサービスではありません。

まとめ

このようにWebライターとしての働き方は様々あります。そしてWebライターとしての副業は時代的にもありだと思います。しかし、だれもが大きく稼げるようになるかというと、そう簡単ではありません。

Webライティングの仕事に関わらず何かしらの専門家として稼いでいくには、その分野のプロフェッショナルとしてまわりから認知してもらう必要があります。その為にもまずはライティングの数をこなして経験を積んでいく必要があります。その上で身に付けたWebライティング力を活かし、自分自身のプロモーションを行っていきましょう。

また未経験者にとって経験を積むこと自体難しいこともあるかと思います。ですが、もし本当にあなたが誰かのためになる仕事をしていきたいと考えているのであれば、より多くの経験を積んでより良い価値をそれを必要とする人に届けてほしいと思います。