Hyper-Vで仮想スイッチ(外部)を作ろうとするとエラーになるときの対処法

Hyper-Vで仮想スイッチが作れない場合の対処方法

結論を先に伝えます。

デバイスマネージャでNICのドライバを更新したら、正常に仮想スイッチを作成することができました。

あくまで私の体験談の1つですが、同様な問題で悩んでいる人の参考になればと思い「Hyper-V上で仮想スイッチが作れない場合の対処法」を記事にまとめました。

拡張ボードでNICを増設したサーバーがありました。

そこにHyper-Vをインストールして各種仮想サーバーを構築するため、Hyper-V上に仮想スイッチ(外部)を作ろうとしました。

しかし、仮想スイッチを作ろうとしたところエラーが発生し仮想スイッチが作れません…

そこで試したのがネットワークカードのドライバ更新です。

ドライバ更新で仮想スイッチが作れた。

もしあなたも仮想スイッチがエラーで作成できないときは、デバイスマネージャからNIC(ネットワークカード)のドライバを更新してみてください。

ちなみに私の場合はインターネットに接続してから、ドライバを更新しました。

するとドライバが見つかり、自動的にドライバの更新が開始されました。

以上、Hyper-V上で仮想スイッチ(外部)がエラーで作れない場合の対処方法になります。

ネットワーク・サーバー技術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + 20 =