フリーランスの僕が使ってる会計ソフトをレビュー「macでも使えるのでおすすめです」

フリーランスの僕が使ってる会計ソフトをレビュー「macでも使えるのでおすすめです」
フリーランスになったけど、会計ソフトは何を使えば良いのかわからない。

そんなあなたにフリーランスの僕がおすすめの会計ソフトを紹介します。

【結論】おすすめの会計ソフトは1つだけ

結論、会計ソフトは「会計freee(会計フリー)」を使えばOKです。

会計freee

理由は下記の通り。

僕はフリーランスになるまでIT関係の仕事をしていました。

その中で、お客様に弥生会計や会計王などいくつか導入もしてきた経験があります。

ですが、どのソフトも覚えるまでがとても大変でした。

僕が会計freeeを使ってる理由

理由は「macで使えて銀行口座やクレジットカードとも連携できるから」です。

会計処理に時間を使いたくないので、今の時代に合っている便利な機能がたくさんあるからですね。

操作は難しい?かんたん?

freeeも他の会計ソフト同様に覚えなければならないことは少なからずあります。

ですが、他の会計ソフトと比べて直感的に操作できる分、使い始めるまでの時間が短縮できました。

普段使用していて迷うことと言えば、「○○の支払いはどの勘定科目を使えば良いのかな?」くらいです。

勘定科目はGoogleで検索してすぐ解決できます(^^;)

確定申告も画面に表示されている質問に答えていくだけで基本的に完了します。

僕の会計freeeの使い方

僕はfreeeを次の作業で使用してます。

  • 見積書の作成
  • 請求書の作成
  • 日々の収支登録
  • 月々の収支登録
  • 年次の確定申告

見積書や請求書の作成について

人によっては、見積書や請求書はエクセルなどを使っている方も多いかもしれません。

ですが、僕はどこから(どの端末)でも見積書や請求書を作ったり送付したりしたかったのでfreeeの機能を使ってます。

日々、月々の収支登録について

日々の収支登録については僕の職業柄そんなに頻繁に発生しない作業ですが、たまに発生するレシートの登録などはスマホのアプリで簡単に処理できます。

freeeにはスマホのアプリもあるので便利です。

月々の収支登録作業は、具体的にはクレジットカードや銀行口座の入出金に伴う仕分け登録作業のことです。

freeeが自動的にクレジットカードや銀行口座と連携して、取引の項目や金額を取得してくるので確認して登録するだけなのでとてもかんたん。

極端に言うと画面をポチポチするだけ仕分け完了ですね。

確定申告について

確定申告は画面に表示される質問に回答していくだけで申告書が作成できます。

あとは作成した申告書をe-taxで送付するだけ。

この作業は年に1回だけ。

ちなみにe-taxを利用するためにはマイナンバーカードが必要ですので、まだ発行していない方はすぐにでも発行手続きをしたほうが良いと思います。

マイナンバーカードの発行には1ヶ月ほどかかるので。

料金について

会計ソフトfreeeは有料です。

プランはいくつかありますが、フリーランスであれば一番安いプラン「スタータープラン 1,180円 / 月(税抜)」で十分です。

※年間一括払いだと11,760円(税抜)

興味がある方は「お試しプラン」で試用できます。

 

 

Category: 働き方Tags: フリーランス会計freee会計ソフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 1 =