集中力を高める方法7選【今日からできます】

集中力を高める方法7選【今日からできます】
他の作業に気を取られて作業に集中できない
気づいたときには別の作業をしている
どうして集中力がもたないんだろう?

この記事ではこのような集中力が続かないことで悩んでいる方へ、集中力を高める方法を7つ紹介します。

集中力を上げる方法

集中力を高める方法は次のようなものがあります。

  1. だれもいない場所で作業をする
  2. 耳栓を使う(周りの雑音を遮断する)
  3. 糖分を摂取する(午後に集中力が切れやすい場合)
  4. 通知が発生するアプリを起動しない(スマホの電源もオフ)
  5. マルチタスクをやめる(タスクリストを作る)
  6. 睡眠を十分に取る
  7. 瞑想を取り入れる

それぞれ詳しく説明します。

だれもいない場所で作業をする

だれもいない静かな部屋

まわりの音や人の動きが気になる場合は、誰もいない静かな場所で作業をすることで集中することができます。

人によっては、だれかがいる場所のほうが集中できる場合もあるので自分にあった環境を選びましょう。

耳栓を使う(周りの雑音を遮断する)

耳栓

仕事をしているときの電話の音や話し声など意外と気になるものです。

気にしなければそれでいいと言う人もいますが、気になる方は物理的に音を遮断するのがかんたんです。

耳栓以外にもイヤホンなどを使用してリラックスできるBGMを聴くのもありですね。

糖分を摂取する(午後に集中力が切れやすい場合)

糖分を摂取する

人は体から糖分が減っていくと集中力が切れやすくなります。

特に午後、夕方〜夜にかけて集中力が切れやすいと思いますので、感触にあまいお菓子を食べるのも集中力アップに効果が期待できます。

通知が発生するアプリを起動しない(スマホの電源もオフ)

スマホの通知をオフにする

スマホやパソコンには便利な通知機能が多く存在します。

しかし便利な半面、作業に集中しているときに通知が来ると一瞬で集中力が途切れてしまいます。

そのため、作業に集中したいときなどはパソコンやスマホの通知機能をオフにすることをおすすめします。

マルチタスクをやめる(タスクリストを作る)

マルチタスクで忙しい人

以外にやっている人が多いのが「マルチタスクで作業している」です。

作業に集中するにはマルチタスクよりシングルタスクのほうが向いています。

タスクを細分化して作業を行うことで、1つ1つの作業により集中することができます。

睡眠を十分に取る

十分な睡眠

睡眠不足は集中力低下におおきく影響します。

睡眠時間は最低でも7時間は確保することをおすすめします。

瞑想を取り入れる

瞑想風景

意外に効果があるのが瞑想です。

瞑想と言ってもシンプルな呼吸を意識した瞑想です。

瞑想をすることで副交感神経がリラックスし、集中力を高めることができます。

僕も実際に5年前からやっていますが、1日10分〜15分ほど瞑想することで精神的なストレスが減りました。(疲れづらくなったと言ったほうが伝わるかもしれません)

集中力が続く理由

そして集中力が続くことにも理由があります。

それは次のとおり。

  1. 楽しいことをしている
  2. 作業中にまわりに声をかけてくる人がいない
  3. タスクが細かく分けられてるため集中しやすい
  4. 脳がリラックスしている

ポイントは集中しているときに外部からじゃまが入らない環境を作ることが大切です。

また人間の集中力はそもそも長く持つものではないので、作業内容を細かく細分化してから着手するというのも、集中を途切れづらくする結果につながります。

1の楽しいことをしているというのは理想なので、仕事においてはなかなか難しい事かもしれませんね。

 

以上が集中力を高める方法になります。
職場や在宅で仕事をしている方の参考になればと思います。

 

Category: 働き方Tags: マインドフルネス在宅ワーク瞑想集中力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − one =