JPRiDEイヤホン「TWS-X」で音楽を聴いたり、ビデオ通話で使ってみた感想(SONY製品と比較してみた結果)

JPRiDEイヤホン「TWS-X」で音楽を聴いたり、ビデオ通話で使ってみた感想(SONY製品と比較してみた結果)

このページではJPRiDEのワイヤレスイヤホン「TWS-X」を使用してみた感想を紹介します。

今年2021年、アマゾンの初売りセールでJPRiDEのワイヤレスイヤホン「TWS-X」を購入しました。

購入した商品は▼こちら▼のワイヤレスイヤホンです。

JPRiDE TWS-X

使ってみた感想

僕の場合は2通りの使い方があります。

  1. スマートフォンに接続して音楽を聴く
  2. パソコンに接続してビデオ通話でマイクとして使う

ざっくり感想を伝えると、「音楽を聴くには最高のワイヤレスイヤホン」です。

だけど、「ビデオ通話ではマイクの集音力がいまいち」です。

音楽を聴いてみた感想

JPRiDEのイヤホン「TWS-X」で音楽を

アマゾンのJPRiDEワイヤレスイヤホン「TWS-X」の商品紹介ページに記載があるように「中高域の音質が明瞭(クリア)に聴こえる」のがわかりました。

人気モデル TWS-520(低音域のパワーが特徴)をベースに、中高域の明瞭さを重視したチューニングを施しました。

引用元:アマゾン公式サイト 商品ページ

僕はSONYの有線イヤホンを2つ持っているのですが、正直、SONYの有線イヤホンとさほど変わらない音質だと思います。(低音の強さだけはSONYのイヤホン「MDR-XB50AP」の方が強い)

今回比較したSONYの有線イヤホンは次の2つです。

▼比較した有線イヤホン▼

ソニー イヤホン MDR-XB50AP

ソニー イヤホン MDR-EX750AP

ビデオ通話で使ってみた感想

JPRiDEのイヤホン「TWS-X」をビデオ会議で使用した感想

仕事上ZOOMを使用したビデオ会議をすることがあります。

その際にJPRiDEのワイヤレスイヤホンを使用してみました。

結果としては、マイクの集音力がイマイチで相手に声が伝わりづらいことがわかりました。(PCでマイクの入力レベルを最高にしてもイマイチでした。)

解決策としては相手側で音量を調整して貰う必要があります。

そのため、僕としてはビデオ通話での使用にはあまりおすすめできません。

※ビデオ通話で使用するためのマイク付きのイヤホンは、比較対象製品として紹介した「ソニー イヤホン MDR-EX750AP」がおすすめです。

JPRiDEのイヤホン「TWS-X」の良し悪し

実際にJPRiDEのイヤホン「TWS-X」を使ってみて気づいた点を紹介します。

イマイチだった点

2つほど不満がありました。

  1. 耳にはめづらい(向きの確認が必要)
  2. マイクの集音力がイマイチ

良かった点

さすが日本企業の製品だけあって良い点が多かったです。

  1. ケースがコンパクト(横63mm、高さ35mm、奥行き36mm)
  2. バッテリーもちが良い(カタログ値:連続再生9時間)
  3. 音質が良い(音声が聞き取りやすい)
  4. 片方のイヤホンだけでも使用できる
  5. タップ操作できる機能が多い

 

以上、JPRiDEのワイヤレスイヤホン「TWS-X」を僕が実際に使用してみた感想になります。

※人気のためかアマゾンで品切れです(2021年1月14日時点)
アマゾンでJPRiDEイヤホンの詳細を見る→

 

Category: その他Tags: JPRiDESONYワイヤレスイヤホンワイヤレスマイク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 1 =