Googleのプラグイン「Site Kit」のインストールでエラーが発生したときの対処方法

SiteKit-Pluginがインストールできない!の解決方法

WordPressにSiteKitプラグインをインストールしようとしたら下記のようなエラーが発生しました。

Unable to authenticate Site Kit. Check your client configuration is in the correct JSON format.

解決方法がわかりましたので記事にまとめました。

かんたんに言うと原因はレンタルサーバーのセキュリティ設定にありました。

そのため、私が契約しているエックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)で「WordPressセキュリティ設定」のXML-RPC API アクセス制限とREST API アクセス制限を一旦作業をOFFにしてからGoogleのsitekitをインストールしました。

※たぶんどちらかでいいはずですが、両方OFFにしました。

そしてインストール後、REST API アクセス制限をONに戻しました。

これまでは上記の画面で「Allow」をクリックすると先に進めなかったのですが、セキュリティの設定をOFFにすることで下記の画面のように先に進めました。

以上が私の場合の「WordPressサイトにGoogleSiteKitプラグインをインストールできない!」の解決方法になります。

参考までにどうぞ。

その他

< NEXT 3本線のメニューボタンの作り方(cssだけでOK)

社内ネットワークの作り方と機器構成例(構築例あり) PREV >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 8 =