個人事業主としてFREENANCE(フリーナンス)に申し込んでみた。「登録の手順あり」

フリーランスにおすすめ!Free Nance(フリーナンス)

【2019年8月31日に更新】
フリーナンスと会計freeeが連携開始のアナウンスがありました。
私も実際にフリーナンスと会計freeeを連携させたので、その方法や感想を別記事にまとめました。
→別記事「フリーナンスを実際に使ってみた感想【会計freeeとも連携できるよ】

【2019年3月19日に更新】
フリーナンス事務局から、本日2019年3月19日より電話インタービューが無くなったとの連絡がありました。

最近、たまたまネットで見つけたFREENANCE(フリーナンス)という振込専用口座サービスに申し込みました。

FREENANCE(フリーナンス)とは、無料で利用できる損害補償付き振込先専用口座サービスです。このFREENANCE(フリーナンス)について、申込みから口座開設までの流れをまとめました。

FREENANCE(フリーナンス)の特徴

振込専用口座のメインバンク振替(週1回)振込手数料が基本無料

FREENANCE(フリーナンス)の振込専用口座からメインで利用している銀行口座への振替手数料は、基本の週1回振込の場合はかかりません。

ただし、ビジネスをしている中で急遽いますぐにでもお金が必要!ってなることがあると思います。そんなときにのために請求書(専門用語で売掛債権と呼びます)を買い取って、その代金を即日メインバンクに振り込むしくみ「即日払い」の有料機能もあるようです。

また現時点で予定中のものとして、もっと頻繁に振り替えてほしいと言う方のために「無料回数以上の振込みからは振込手数料をいただいたりするプラン」も検討中とのことです。

フリーランス特化型の損害賠償保険が無料

フリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯します。

あんしん補償は、お仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故の補償(最高5,000万円)だけでなく、情報漏えいや著作権侵害、偶然の事故による納期遅延などを原因とするフリーランス特有の事故の補償を行います。会社員なら会社の保険が守ってくれるかもしれません。あなたのことは、フリーナンスあんしん補償が守ります。

引用元:FREENANCE(フリーナンス)

会社員のときは会社が補償してくれていましたがフリーランスでは基本的にすべて自己責任で仕事をしていくことになります。
そんなフリーランスにとってこの補償が無料で付くのはうれしいですね!

しかもこの補償は発注企業にも適用されるようです。万が一の業務上のトラブルの際、発注企業様も守られるのは安心ですね。

このFREENANCE(フリーナンス)、これからの時代きっと人気がでるのではないでしょうか。

振込専用口座の開設費が無料

上記のすばらしい特徴があるFREENANCE(フリーナンス)ですが口座の開設費は無料でできます。

口座開設はFREENANCE(フリーナンス)のWebサイトからお申し込みできます。

フリーランスの報酬を即日払い【FREENANCE】

FREENANCE(フリーナンス)の申し込みから口座開設までの流れ

FREENANCE(フリーナンス)のWebサイトにアクセスして、画面右上の「新規登録」ボタンをクリックします。

FREENANCE(フリーナンス) フリーランスを、もっと自由に。

メールアドレス認証が必要なので、メールアドレスを入力して、私はロボットではありませんにチェック入れてから「メールアドレスで無料口座開設」ボタンをクリックします。

FREENANCE-メールアドレス認証入力

件名が「【フリーナンス】メールアドレスの確認」のメールを受信するので、メール本文に記載されているURLをブラウザで開きます。

次にパスワードを入力し利用規約に同意の上、「設定する」ボタンをクリックします。

FREENANCE-メールアドレス認証

各種情報の入力画面が表示されますので必要に応じて入力していきます。

FREENANCE-各種情報の入力

次にフリーナンスの口座からお金を移動する際の、移動先口座情報を登録します。

FREENANCE-口座情報の登録

次に身分証明書を登録します。私は運転免許証のコピーをアップロードしました。

FREENANCE-免許証登録

入力内容の確認画面が表示されるので問題がなければ、「この内容で申し込む」をクリックして申し込みます。

FREENANCE-入力内容の確認画面

お申込み完了後、「【フリーナンス】お申込み完了のお知らせ」メールが届きます。

審査があるようなので、一旦審査結果の連絡を待ちます。

私の場合は、申込みを完了日から2日目にFREENANCE(フリーナンス)から電話がかかってきました。

電話では、インタビュー形式でいくつか質問をされました。時間にして3分くらいだったでしょうか。質問された内容は下記の通りでした。

  • 本人チェックのための生年月日確認
  • フリーランスになった経緯について
  • 仕事内容について
  • 金額について
  • 現在使用している入金管理ソフトについて
  • Adobeのソフトウェアの利用状況について
  • 業務時間について

これ以外にも質問されているかもしれませんが、上記が覚えている限りの質問内容です。

更新
フリーナンス事務局から、本日2019年3月19日より電話インタービューが無くなったとの連絡がありました。

その後の状況

インタビューの電話で、「現在フリーナンスの申込みがとても混み合っており、口座開設に伴う資料の送付(郵送)は来月以降になる」と言われました。やっぱりフリーナンスは人気が出そうですね!

また進展がありましたら記事を更新する予定です。

追記

来月になると言われていた資料の郵送ですが、翌週の月曜日には郵送されてきました。早い。。。

資料と言っても2つ折りのハガキで、認証コードが記載されておりWebサイトにアクセスして認証してくださいね!って言う内容でした。

認証後は口座が無事に開設され、マイページへもログインできました。

フリーランスの報酬を即日払い【FREENANCE】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − two =

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスのWEBエンジニアとして活動中。 WEBの専門家としてWEBディレクションからコーディングまでを一通り経験。 WEBで悩んでいる方に役立つ情報をブログで配信中。 ライフワークでは、キャンプにはまってます♪