WEBプログラミングの学習方法「フリーランスを目指したい人向け」

WEBプログラミング学習方法

将来、WEB系フリーランスを目指している人向けに、現役でIT&WEBエンジニアのフリーランスとして活動している私から、プログラミングの学習方法について伝えたいと思います。

正直、WEBプログラミングを学習する難易度は人それぞれです。

 

なので当記事では、私の勉強方法を例に挙げて伝えたいと思います。

ここで私の経歴をかんたんに説明しておきますね。高学歴でもなんでもありません。

  • 高校卒業後、製造業の職種に就職する(ものづくり業界歴4年)
  • IT企業に転職する(IT業界歴7年)
  • WEB制作の職種に転職する(WEB業界歴7年)
  • フリーランスとして独立する(2019年12月時点、フリーランス歴5ヶ月目)

WEBプログラミングは独学で身につけることは可能か?

結論から言うと、独学で学習は可能。でも稼げるようになるまでは時間がかかると思う。

私の場合、23歳の頃から1年間ほど、LinuxやWindowsなどのサーバー、そしてネットワーク、htmlやPHP、MySQLやPostgresqlなどすべて並行して学習してました。

自宅で毎日、仕事が終わってから2〜3時間ほど1年間続けてました。

だれかに教えてもらうわけでもないので、とても効率が悪かったと思います。。。

なので私がこれからプログラミングの学習をするならスクールに通いますね。

そしてその後、就職して実績をある程度積んでから独立する流れですね。

あくまで私の場合ですが。

独学でWEBプログラミングを学習するとどのくらいかかるのか?

私自身ほぼ独学でとても効率の悪い学習をした結果、WEBサイトを制作(コーディング)できるようになるまで約半年くらいかかりました。

ただ、HTMLやPHPなどある程度経験した後は、WEB予約システムなどのWEBシステムは1〜2ヶ月くらいで作れるようになれましたね。(たぶん基礎が身についたんだと思います)

サラリーマン時代の最後に「残業時間の申請・実績管理システム」を2週間程度で作れたことを思い出します。

ちなみにプログラミング言語は、考え方やコツを掴むことでphpでもrubyでもvbでもjavaでも汎用的なものであれば、どんな言語でも扱えるようになると思います。

ただし、あれもこれも身につけようと学習することは時間の無駄なのでおすすめできません。

WEBプログラミングの学習方法まとめ

これからWEBプログラミングを学習する人であれば、学習方法の選択肢が3パターンあります。

1.独学で学習する

これは私の学習方法ですが、独学でプログラミングを学習する場合は何か1つのサービスを作り上げることを目標にすると良いです。

私の場合、はじめてWEBプログラミングを勉強したときは、PHP言語を使って掲示板システムを作りました。

WEB上に掲示板を作ることで、ユーザー側に見せるフロント側(html、CSS、JavaScript)、そしてデータを出し入れするためのサーバー側(PHP、MySQL)の両方を一度に学ぶことができました。

もちろん、サーバーは自宅で余ってたパソコンにLinuxOSをインストールして構築したので、サーバー構築スキル(WEBサーバー、メールサーバー、DNSサーバー、TCP/IP等)も同時に身につきました。

いわゆる自作サーバー環境の構築ですね。

この半年後、転職に成功して年収が100万円アップ、そしてさらにその1年後に年収が100万円アップしました。(合計200万円アップ!)

独学は時間がかかりますが、努力次第で稼げるようになります。

 

2.教室に通って学習する

「独学する自信がない。。。」

そんなあなたにおすすめの方法はこちら。

プログラミング学習スクールに通って学習する。

あなたが住んでいるところの近くにプログラミングスクールがあればぜひスクールを利用して学習してください。

独学と比較すると、短期間でプログラミングスキルを身に着けることができ、そして転職まで実現できる可能性が高くなると思います。

本気で転職まで考えてる人向けのスクールだと「【TECH::EXPERT】エンジニアコース」が有名ですね。

3.オンラインで学習する

あなたが住んでいるところの近くにプログラミングスクールがない場合や、自分のペースでプログラミング学習をしたい場合は、オンラインスクールの利用を検討してみてください。

自分のペースで学習していきたい方もオンラインスクールがおすすめです。

また独学と違い、わからないことがあれば質問して教えてもらうことができるのもメリットの1つですね。

人気なスクールとしては「CodeCamp(コードキャンプ)」などがあります。

最後に

まれに仕事が忙しくて毎日1,2時間の学習時間も取れない人がいます。

そのような毎日の学習時間が取れない方は、まずは時間の確保からはじめる必要があると私は思います。

プログラミングは片手間では身につきません。
集中して継続することでいずれ稼げるようになります。

これからプログラミングを学習する方は、ぜひ楽しみながら学習できることが大切だと私は思います。

おまけ1:おすすめのWEB系の言語

あくまで私の経験と業界内の需要からですが、WEB系のプログラミング言語であれば、「PHP(Laravel)、Ruby(RubyOnRails)、JAVAのいずれかと、HTML、CSS、JavaScriptのすべて」を学んで身に着けておけば転職や就職には困らないと思います。

また上記の言語の他に、DB(MySQLやPostgresql)やSQLも学んでおくことをおすすめします。

大事なのは、どのような分野の職種で働きたいかですね。(EC構築とか、WordPressサイト構築とか選択により身につけたほうが良い技術は変わります)

働きたい企業が出している求人情報のスキル要件に合わせて選択するのもありだと思います。

おまけ2:webプログラミング初心者におすすめの本

WEB系プログラミングスキルを身につける際に、基礎知識として身につけておきたいことがいくつかあります。

その基礎知識を身につけるためにも下記の書籍だけは読んでおくことをおすすめします。(初心者のうちはエンジニア同士の共通言語にもなるため、常にもっていると便利かも)

とくに、「ドメインって何?」「SSLって何?」などの質問を仕事の中でしてしまうことで、相手の時間を奪い迷惑をかけることになりますので注意しましょう。

 

その他

< NEXT 個人事業主としてはじめて確定申告する(青色申告)2019年度版

米沢市でLINEモバイルの通信速度を計測してみた(最近LINEモバイルが遅い気がする) PREV >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 6 =