おすすめのレンタルサーバー3社(エックスサーバー、ロリポップ、さくらインターネット)の応答速度を比較してみた

レンタルサーバーの応答速度を比較

これまで多くのWebサイトを作成してきましたが、それに伴い様々なレンタルサーバーを使用してきました。

その上で気づいたのですが、レンタルサーバーは提供会社やプランによって表示速度や操作の応答が遅いものもありました。

そこで今回、よく利用しているおすすめのレンタルサーバー3社をデータで応答速度の比較をしました。

比較したおすすめのレンタルサーバー(3社)

比較したサーバー会社は次の通りです。

  1. ロリポップ
  2. さくらインターネット
  3. エックスサーバー

今回はWordPressを使用するため、それぞれのレンタルサーバーで利用するプランは、データベースが利用できる下記のプランにしました。

また3社とも無料SSLが利用できます。

レンタルサーバー会社 プラン名 初期費用 月額費用
ロリポップ スタンダード 1,500円 500円~
さくらインターネット スタンダード 953円 477円~
エックスサーバー X10 3,000円 900円~
※内容は2018年4月19日時点のものになります。

比較内容

応答速度の比較内容としては、上記3社のレンタルサーバー上にWordPress環境を構築して同一のWebページを作り、GoogleChromeの開発者ツールでhttpリクエストからWebページの表示までの速度計測する。

またGoogle社が提供しているPageSpeed Insightsでも、それぞれのレンタルサーバーに作ったWebページの評価をしてみました。

Webページの総読み込み容量:約535kb

比較結果

結果は次の通りです。エックスサーバーが一番早かったです。

Chrome開発者ツールでの結果

サービス提供会社 プラン名 読み込み速度(PC1) 読み込み速度(PC2)
ロリポップ スタンダード 320ms 375ms
さくらインターネット スタンダード 380ms 470ms
エックスサーバー X10 250ms 340ms

PageSpeed Insightsでの結果

PageSpeed Insightsの結果としては、パソコンページはさくらインターネットが1位で93点、モバイルページではエックスサーバーが86点で1位という点数になりました。

モバイルファーストの今であれば、サーバー側で応答速度の最適化が行われているエックスサーバーを選択すると間違いなさそうですね。

ちなみにロリポップとさくらインターネットのレンタルサーバーは、モバイルページよりパソコンページの方が点数が高いのですが、エックスサーバーだけモバイルページの方が若干点数が高くなりました。その後何度か分析してみたのですが、なぜかモバイルページの方が点数が高くなりました。

モバイルページ パソコンページ
ロリポップ 73点 84点
さくらインターネット 65点 93点
エックスサーバー 86点 84点

ロリポップ PC 84点

PageSpeed InsightsロリポップPC

ロリポップ SP 73点

PageSpeed InsightsロリポップSP

さくらインターネット PC 93点

さくらインターネット SP 65点

PageSpeed InsightsさくらインターネットSP

エックスサーバー PC 84点

PageSpeed InsightsXserverPC

エックスサーバー SP 86点

PageSpeed InsightsXserverSP

実験環境

今回レンタルサーバーの比較を行った環境は下記のとおりです。また、あらかじめインターネットの回線速度も確認してます。

インターネット回線

フレッツ光ネクスト ギガファミリー
プロバイダ:OCN光

パソコンのスペック

PC1のスペック:
CPU Core-i7
メモリ16GB
SSD240GB
LAN接続1Gbps回線(ネットの回線速度測定テストでは45Mbpsを記録)

PC2のスペック:
CPU Core-i5
メモリ4GB
SSD128GB
無線LAN接続802.11n(ネットの回線速度測定テストでは41Mbpsを記録)

おすすめレンタルサーバー比較のまとめ

レンタルサーバーの応答速度を比較した結果、やはりエックスサーバーが他のレンタルサーバーと比べて良い数字を出してくれました。

実際の運用においてですが、WordPressの管理画面で記事を作成するときなどに大きな違いを実感します。とくに「さくらインターネット」においては、画面操作時の切り替わりがとても遅くストレスを感じます。

これまで多くのレンタルサーバーを利用してきましたが、Webサイトを制作するときや運用するときに快適に作業ができるのはエックスサーバーやロリポップのサーバーだと私は思います。

初心者で集客用ブログを作りたい方は『ロリポップ』

しかし、エックスサーバーの料金は他のレンタルサーバーと比べて高くなりますので、これからオリジナルのブログを作り運用して行きたい初心者の方であればロリポップがおすすめです(^^)

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

ロリポップのプランには「エコノミープラン」、「ライトプラン」、「スタンダードプラン」、「エンタープライズプラン」がありますが、おすすめは「スタンダードプラン」です。その理由は、WordPressが使用できて、かつモジュール版PHPと呼ばれる高速で動作するプログラム実行環境となっているためです。

本気で集客用ブログやアフィリエイトサイトを作りたい方は『エックスサーバー』

最初から本気でWordPressブログやアフィリエイトサイトなどを作りたい方であれば、エックスサーバーをおすすめします。画面の表示が早く、ストレスが少なくて最高です(^^♪

現在、独自ドメイン費用が無料になるキャンペーン中です!!
めったにないチャンスなのでこの機会にエックスサーバーを契約することをおすすめします(^^♪
キャンペーン期間は、2018年7月31日(火)18:00まで

https://www.xserver.ne.jp/

どうしても費用を抑えたい方は『さくらインターネット』

ビジネスを始めたばかりなのでどうしても費用を抑えたい方であれば、さくらインターネットでも良いかと思います。

ポイントは運用時の管理画面の切り替わりの速度が気になるかどうかです。

WordPressを頻繁に更新しない方やスマートフォンのWordPressアプリを使用して運用していくことが多い方であれば、さくらインターネットが費用も安くSSL証明書も無料で利用できるのでおすすめです。私も実際にこれまでお客様のWebサイトの大半をさくらインターネットのレンタルサーバー(スタンダードプラン)を使用して制作してきました(^^)

さくらのレンタルサーバ スタンダード

1つだけ注意点があります。さくらインターネット社の独自ドメインの料金は他社と比べて割高なんです。そのため、独自ドメインを取得する際は、「ムームードメイン」や「バリュードメイン」など他のドメインサービスを利用することをおすすめします。

また他社で独自ドメインを取得した際は、ネームサーバの設定でさくらインターネット社のネームサーバのIPアドレスを設定する必要があります。

 

以上、私が良く利用するレンタルサーバーの比較情報になります。