jpeg画像圧縮ツール5つを比較してみた【2020年版】

Jpeg画像の圧縮ツールってどれが一番いいんだろう?

このような疑問に答えます。

おすすめの圧縮ツール

5つほどツールを試した結果、おすすめの圧縮ツールは2つあります。

おすすめ1→tinypng「圧縮後の画質が少し粗いけど、圧縮率が高い」

おすすめ2→JPEG圧縮「圧縮後の画質が良いが、圧縮率が低い」

圧縮後のサイズ比較

圧縮ツール

結果比較
(画像サイズ / 圧縮率)

個人的な感想

元画像 260.4kb/0%  
compressor.io 59.73kb/78% 画像が粗い
画像圧縮AC 51.5kb/80% 画像が粗い&周りに変な黒い線が付く
tinypng 53.5kb/80% 画像が少し粗いけどファイルサイズが小さい
JPEG圧縮 67kb/75% 画質が良いが圧縮率が低い
Optimizilla 72kb/73% 画質が良いが圧縮率が低い

比較はjpeg画像を使用しました。

圧縮後の画質比較

元画像

以下の画像を圧縮してみました。

圧縮前の画像(元画像)

compressor.io

圧縮率は高いが画質が粗いですね。

compressor.io
compressor.ioでの圧縮結果

画像圧縮AC

圧縮率は高いが画質が粗く、画像の周りに黒い線が入ってしまいました。

画像圧縮ACの圧縮結果
画像圧縮ACでの圧縮結果

tinypng

画質はまあまあ良く、圧縮率も高いほうです。

tinypngでの圧縮結果
tinypngでの圧縮結果

JPEG圧縮

圧縮率は他のツールと比べて低いですが、画質は良いです。

JPEG圧縮での圧縮結果
JPEG圧縮での圧縮結果

Optimizilla

圧縮率は他のツールと比べて一番低いですが、画質は良いです。

Optimizillaでの圧縮結果
Optimizillaでの圧縮結果

jpeg画像圧縮ツール比較まとめ

僕もブログでjpeg画像をよくアップロードしているのですが、圧縮せずにアップロードするとページの読み込み速度が恐ろしく遅くなってしまいます。

そのため、基本的にはjpeg画像は圧縮してからアップロードするようにしています。

以上が「jpeg画像の圧縮ツール比較【2020年版】」になります。

圧縮ツールを検討している方の参考になれば幸いです。

 

Category: Webサイト作成Tags: jpeg圧縮ツール画像圧縮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − 2 =