Google Analyticsのデータが消えるそうです。

アナリティクスのデータが消える!?

突然ですが、5月25日にGoogleAnalyticsのデータが消えてしまう可能性があります。

もしあなたがGoogleAnalyticsを利用しているとしたら、最近、「[ご対応ください] Google アナリティクス データの保持と一般データ保護規則に関する重要なお知らせ」という件名で、Googleからメールが届いていないでしょうか?

今回はその件で記事を書きました。

Analyticsのデータ消えるとは?

Googleからアナウンスがあったユーザーデータのデータ保持期間に関する通知は、2018年5月25日からヨーロッパ連合(EU)で新たに施行される個人情報保護に関する規則に対応するために、Analyticsの仕様が変更になるという内容でした。

これに伴い、2018 年 5 月 25 日より、ユーザーデータとイベントデータがAnalyticsの「管理」で設定されている保持期間に即して削除されるそうです。

データが消えるとどうなるのか?

今回のGoogleの対応で削除される対象のデータは、かんたんに言うとユーザーを識別できるデータになります。

そのため、アクセス数やページビュー数などの解析データには何も影響が出ませんが、ユーザー単位でのアクセス解析を行える機能(ユーザーエクスプローラーなど)については解析データを見ることができなくなるようです。あくまでユーザーを個別に識別できるようなデータが今回の対象になるようです。

デフォルトのデータ保持期間は26ヶ月になっているので過去2年分は残ると思いますが、貴重な解析データが無くなって困るという方は5月25日前までに設定を見直すことをお勧めします。

特に今回のGoogleからのメール内容が意味わからない!と感じている人は、下記の対処方法を参考にしてデータ保持期間の設定を確認してみてください。

データを削除されないように対処する方法

GoogleAnalyticsの管理画面内で、データの保持期間を設定することができます。

  1. まず、画面左下の「管理」をクリックします。
  2. 次に「トラッキング情報」の「データ保持」をクリックします。
  3. 次に「ユーザーデータとイベントデータの保持:」でデータの保持期間を「自動的に期限切れにならない」に設定します。

以上、今回のGoogleからのメール内容についてと、Googleアナリティクスのデータ保持期間の変更方法になります。