「112万以上の人が手にした伝え方の技術」を実践してみた結果

佐々木圭一さんの書籍「伝え方が9割」を読んでみて、即実践したいと思いました。

僕はさっそく伝える技術を実践し、さらに実践して、実践を繰り替えしてみました。

その実践の1つとしてこの記事を書いています。

ちなみにこの書籍は、僕がこれまで一番読みやすかったコピーライティングの本です。

実践結果

まずは「コピーで人を動かすことができるのか?」を検証することにしました。

その結果は、いまあなたがこの記事を見ていることが結果そのものです。

Google検索の結果、もしくはTwitter、もしくは当ページへの各種リンクに表示されているコピー(文章)に引かれてこのページを訪問したのではないでしょうか?

僕がこの記事に関して実践した伝え方の技術は次のとおりです。

  1. 感謝
  2. 承認欲求
  3. 選択の自由
  4. ナンバー法
  5. 頂上法
  6. サプライズ法
  7. 赤裸裸法
  8. リピート法
  9. クライマックス法(最後に1つだけいいですか?)

1.感謝

感謝の技術はTwitterで使いました。

→「いつもいいね!&リツイートして頂きありがとうございます!」

お礼から伝えることで少しは初対面でも抵抗感がなくなるのかな?

2.承認欲求

承認欲求の技術はこの記事の最後で使いました。

→「そしてあなただけの経験や知識を必要としている人のためにも、伝える技術を身につけて情報を発信ませんか?」

多くの人は認められたいといった気持ちがあります。ぼくもあります。

なのであなたを必要としている人のためにも〜と承認欲求を満たすきっかけがここにあることをお伝えしました。

3.選択の自由

選択の自由の技術はこの記事の最後で使ってます。

→「伝え方が9割」を書籍で購入しますか?それともKindleで購入しますか?

書籍もしくはKindleのどちらでも購入できることを伝えてます。

4.ナンバー法

当記事のタイトルで使ってます。

→「112万以上の人が手にした伝え方の技術」を実践してみた結果

やはり数字を使うとインパクトがあるような気がします。

5.頂上法

当記事の最初で使ってます。

→「これまで一番読みやすかったコピーライティングの本です」

一番読みやすかったと言われると読みやすく感じるのは僕だけだろうか。。。

6.サプライズ法

この記事の最後で使ってみました。

→「あっ!」

これはどうなんだろう。。。

7.赤裸裸法

この記事のメイン画像(アイキャッチ)で使ってます。

→「実践したくてウズウズする」

いわゆる体感覚優位の言葉ですね。体の反応を表現してみました。

8.リピート法

この記事のはじめで使ってます。

→「ためしに実践、さらに実践、そして実践してみました」

何事も実践が大事です。だから「実践」を繰り返し使いました。

9.クライマックス法

この記事の最後で使ってみました。

「最後に〜」

記事の最後を見落としたら大きな損をしてしまいます。

人生において大切な内容なので最後まで見てください。

 

あっ、最後に1つだけ

本の具体的な内容については、ぜひ実際に書籍を手にとって読んでみてください!

僕は一生手放せない本の1冊になりました。

そしてあなただけの経験や知識を必要としている人のためにも、伝える技術を身につけて情報を発信ませんか?

▼「伝え方が9割」を書籍で購入する?それともKindleで購入する?

 

Category: WEB集客Tags: コピーライティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 1 =