Webサイトを作成するためのおすすめサービスを紹介

Webサイトを作成するためのおすすめサービスを紹介

自分でWebサイトを作成しようとしたときに、どんなツールやサービスを使ったらいいか迷う時があります。

現在では、何十種類もWebサイトを作成できるサービスが存在します。

そこで私がおすすめするツールやサービスの組み合わせは、大きく分けると次の2つになります。

Webサイトを自分で作成したいと考えているhtml,cssの経験者向け

  • レンタルサーバーはXserver「X10」で契約
  • 独自ドメインもXserverで契約
  • wordpressを使用
  • デザインは自作かテンプレートを使用

Webサイトを作成したことのある経験者であれば、wordpressを使用してオリジナルのWebサイトを作ることをおすすめします。

理由としては、Webサイトで集客をしている場合にボタンの位置や余白の調整、アクセス解析の設定など、ちょっとした細かい部分の修正がしたくなることがあります。

そのため、自由にカスタマイズできるwordpressがおすすめなんです。

Webサイトを自分で作成したいと考えている初心者向け

  • ペライチ「レギュラープラン(月額1,980円)」に申込(独自ドメインは他社で取得が必要です)
  • 基本的にWEB上の管理画面内でWebサイトの作成や修正が可能

ペライチをおすすめする理由としては、なんと言っても初心者が直感的にページを追加したり、編集したりすることができる点です。

はじめはある程度操作方法やメニューの位置などを覚える必要があるかもしれませんが、htmlやCSSなどの操作を覚えることを考えるとかなりの時間短縮になると思います。

さらにおすすめの理由としては、集客に特化したランディングページ(縦長のページ)もかんたんに作成できる点になります。

将来的にオリジナルの商品やサービス、メルマガの登録申込の専用ページが必要になることも考えられますのでランディングページが作れることは魅力的です

ペライチは有料プランの料金も月額980円~と安いのでおすすめです。

まとめ

wordpressもペライチもすべて、CMS(コンテンツ管理システム)と呼ばれるものになります。

CMSを利用することでかんたんにページを追加したり、文章や写真を変更できるようになります。

過去には、htmlをテキストエディタで1からコーディングする方法が一般的でしたが、ここ数年の間にCMSが大きく進化しhtmlを1からコーディングすることは、作業の効率も踏まえてだいぶ少なくなってきました。

そのためこれから自分でWebサイトを作る際は、基本的にCMSを利用することをお勧めします。

もし業者にWebサイト制作の依頼をする場合も、「CMSを使ったWebサイト制作の提案」を依頼しましょう。

以上、おすすめのWebサイト自作ツールの紹介になります。ぜひ、運用していきやすいサービスを選んでください!

今回も記事を読んでみて、
自分にはどのサービスが合っているか?
wordpressの使い方はどうするの?
デザインテンプレートはどれがいいの?
などの疑問が出てきましたら、お気軽にお問い合わせしていただければ回答させていただきますね。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスのWEBエンジニアとして活動中。 WEBの専門家としてWEBディレクションからコーディングまでを一通り経験。 WEBで悩んでいる方に役立つ情報をブログで配信中。 ライフワークでは、キャンプにはまってます♪