WordPressサイトを複製する方法「プラグインは不要」

WordPressサイトの複製方法

これまでWordPressで作られたWEBサイトを複製して、新たにWEBサイトを作成するといったお仕事に何回も携わってきました。

個人的に作業慣れしていることもあり、これまで作業のマニュアルなどはいっさい作ってきませんでした。

そのため、この記事に「WordPressサイトの複製方法」まとめてみました。

WordPressサイト複製作業の流れ

作業は次の流れで行います。

  1. 新たにWordPressサイトを作成するWEBサーバーを用意する
  2. WordPressを新規でインストールする
  3. 既存のWordPressサイト(複製元)からFTP等で「テーマフォルダ一式、画像ファイル一式(uploadsフォルダ丸ごと)」をダウンロードする
  4. 既存のWordPressサイトのデータベースから、全テーブルをエクスポートする
  5. 新たにインストールしたWordPressサイトのデータベースの全テーブルを削除する
  6. 既存のWordPressサイト(複製元)のデータベースからエクスポートしたデータを、新たにインストールしたWordPressサイトのデータベースにインポートする
  7. 既存WordPressサイト(複製元)からエクスポートした「テーマフォルダ一式、画像ファイル一式(uploadsフォルダ丸ごと)」を、新たにインストールしたWordPressサイトのWEBサーバーにFTP等でアップロードする
  8. データベース内のサイトURL情報を新しいWordPressサイトに合わせて書き換える
  9. 新しいWordPressサイトの管理画面にログインしてみて、正常に新しいWordPressサイトの管理画面にログインできていることを確認する
  10. WordPressの管理者アカウント情報を追加・修正する
  11. 後は必要に応じて写真やスタイル、コンテンツ内容を修正していく

事前に準備するもの

WordPressサイトを複製するにあたり、次の情報を作業前までに確認しておく必要があります。

  • 既存WordPressサイトのデータベースアカウント情報
  • 既存WordPressサイトのFTP情報
  • 新しいWordPressサイトのデータベースアカウント情報
  • 新しいWordPressサイトのFTP情報

WordPressサイト複製作業時の注意点

特に注意が必要なのは、新しいWordPressサイトにデータを移し終えた直後になります。

データベースの情報をインポートした後に、サイトのURL情報を修正せずに作業を進めてしまうと、どうなるか想像できますか?

サイトのURL情報を修正せずに作業を進めると、「WordPressの管理画面にログインしたときに既存サイト(複製元)にリダイレクトされる」ことになります。

つまり、「気が付かないうちに既存のサイトを修正してしまっていた!」といった事態が起こりかねないのです。

私もたまにURLが変わっていることに気づかず、「新規のWordPressサイトのファイルを更新しても、なぜかWEBページに反映されない(既存のWordPressサイトを見ているから当然)」といったことで焦ることがあります。

まとめ

WEBサイトの制作をメインに請け負っている企業様では、制作時にテンプレートを使用してWEBサイトを効率よく組み立てることはよくあると思います。

当記事がそのときのチェックリストがわりになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 12 =

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスのWEBエンジニアとして活動中。 WEBの専門家としてWEBディレクションからコーディングまでを一通り経験。 WEBで悩んでいる方に役立つ情報をブログで配信中。 ライフワークでは、アウトドア(とくにキャンプ)にはまってます♪