WordPressにGoogleタグマネージャを導入して403エラーが発生した場合の対処方法

WordPressにGoogleタグマネージャを導入して403エラーが発生した場合の対処方法
WordPressにGoogleタグマネージャのコードを設置したら403エラーが表示された!

こんな症状に困っている方の参考になると思います。

ちなみに私が調査した環境は、「エックスサーバー」になります。

403エラー発生の原因

403エラーの原因はレンタルサーバー会社(エックスサーバー)が提供している「WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)の設定」でした。

WAFとは?(WAFの詳細はこちら)

403エラーの解決方法

解決方法はエックスサーバーのサーバーパネルから「WAF-SQL対策」をOFFにするだけです。

エックスサーバーのWAFをOFFにする
エックスサーバーのサーバーパネル(WAF)

403エラーが発生したときのWordPressについて

原因を切り分けしている中で気づいたことを紹介します。

Googleタグマネージャのコードは、「PHPファイルに直書き」しても「GoogleSiteKitプラグインで設定」した場合もどちらでも発生しました。

以上が「WordPressにGoogleタグマネージャを導入して403エラーが発生した場合の対処方法」になります。

 

Category: Webサイト作成Tags: 403エラーGoogleタグマネージャwordpress

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 2 =