All In One SEO Pack環境にGoogleタグマネージャを導入する方法【プラグインは不要です】

All In One SEO PackでのGoogleアナリティクスから、Googleタグマネージャに切り替えたいけどやり方がわからない。

この記事を読むことでその悩みを解決できます。

それではさっそくGoogleタグマネージャの導入方法をお伝えします。

前提としてGoogleアナリティクスのトラッキングコード(UA-*****)は取得済みと仮定します。

導入の流れ

タグマネージャの導入は次の流れで進めます。

  1. タグマネージャにサイト情報を登録する
  2. WordPressにコードを埋め込む
  3. アナリティクスで確認する

それぞれ説明します。

タグマネージャにサイト情報を登録する

Googleタグマネージャに登録

Googleタグマネージャのサイトにアクセスしてログインします。

https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/tag-manager/

タグマネージャにログイン後、アカウント(サイト情報)を登録します。

Google タグ マネージャー_新規アカウント登録

新規アカウントを登録後、タグマネージャのワークスペース画面を開き「新しいタグ」を登録します。

タグの名前を付けます。今回はGoogleアナリティクスとします。

以下の画像を参考に「タグの設定」部分をクリックします。

Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクスを選択します。

タグの設定画面が表示されるので、「トラッキングタイプ:ページビュー」、そしてGoogleアナリティクス設定で「設定変数を選択」をクリックします。

変数の設定画面でGoogleアナリティクスのトラッキングコードを登録します。

ここで登録するトラッキングコードは、Googleタグマネージャのコードを導入するWEBサイトのコードを入力してください。

※この画面で変数の名前も変更しましょう。

次にタグの設定画面で「トリガー部分」をクリックします。

トリガーの選択画面で「All Pages」をクリックします。

画面右上の「保存」をクリックします。

ワークスペースの変更一覧に、今回登録したタグと変数が表示されていることを確認します。

確認後、画面右上の「公開」ボタンをクリックします。

バージョン名に”アナリティクスタグ登録”など適当にわかりやすい名前を入力してから、画面右上の「公開」をクリックします。

以上で、Googleアナリティクスのタグ登録が完了です。

WordPressにコードを埋め込む

次にWordPressのheadやbodyタグが記載されているPHPファイルにタグマネージャのコードを追記します。

埋め込むコードはタグマネージャ画面の右上から取得できます。

タグマネージャコードの取得場所

コードの追記場所は下記を参考してください。

GTMコード追記場所

GoogleSiteKitプラグインを使用している方は、プラグインの設定画面からでもタグマネージャとの連携を有効化できます。

SiteKitでもGoogleタグマネージャと連携できます。

Googleタグマネージャのコードを埋め込んだら、All in One SEO Packの「GoogleアナリティクスID」からトラッキングコードを削除します。

以上で、タグマネージャのコード埋め込みが完了です。

アナリティクスで確認する

タグマネージャを導入したら、Googleアナリティクスでアクセスデータが取得できていることを確認します。

https://analytics.google.com/

 

以上、「All In One SEO Pack環境にGoogleタグマネージャを導入する方法」になります。

タグマネージャではイベント解析など便利な機能が使えますので、ぜひ活用してみてください。

 

Category: Webサイト作成Tags: wordpressアクセス解析アナリティクスタグマネージャプラグイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three − 3 =