YouTube動画の編集料金の目安「実際に編集してみてわかった」

YouTube動画の編集料金の目安

ここ数年で動画の市場がだいぶ大きくなりました。

そのため、最近ではYouTubeチャンネルの運営や動画広告の出稿に伴う、動画編集のお仕事が増えてきてます。

この動画編集のお仕事で私は気になることがあります。

動画編集の仕事って稼げるのかな?
もし誰かに動画編集の作業をお願いしたら、どのくらいの料金になるんだろう?

そこで私は、実際に動画編集のお仕事をしてみました。

お仕事の内容はYouTubeにアップするための動画編集になります。

この作業を通してわかったことをまとめてみました。

動画編集料金の目安について【動画編集を依頼したい人向け】

動画編集を外注したい人向けに、動画編集料金の目安についてお伝えしますね。

前述した通り、ここ最近動画の市場が大きくなっています。

そのためランサーズなどのクラウドソーシングサービスでは、5分から10分程度の動画編集のお仕事が毎日のように募集があります。

では、料金の相場はいくらくらいなのか?

私が調べた感じでは、5分から10分の動画編集で、500円〜10,000円と幅広い金額でお仕事の募集がありました。

多分、500円で動画編集を依頼するって品質的にどうなの?とか思うかもしれませんね。。。

実際、500円とか1,000円の案件はお試しで募集しているお仕事が多く、依頼主が動画編集者の力量を調べているものがほとんどでした。

また、安すぎる仕事の募集には誰も応募しないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、最近では動画編集のスキルを身に付けたいと考えている人や、動画編集作業の実績を積みたいと考えている方多く存在するため応募者は意外とたくさんいます。

私も今回の動画編集作業の調査をするにあたり、8分程度の動画編集で500円の案件を受注してみました。

ある程度動画編集に慣れている経験者に動画編集のお仕事を依頼したい場合は、5分から10分の動画1本あたり3,000円から5,000円で募集をしてみるのが良いと思います。

動画編集の作業報酬の相場について【動画編集作業を請け負いたい人向け】

ランサーズなどのクラウドソーシングでは、動画編集のお仕事案件が多く存在していました。

特に多いのはYouTubeにアップするための動画編集作業ですね。

報酬額は500円〜10,000円と様々です。

ここで動画編集のお仕事を請け負いたい人に伝えたいことがあります。

それは、「初心者でなければ、安い単価の仕事は受けないこと」です。

ちなみに、10分くらいの動画にテロップを入れたりイラストを入れたり、またBGMや効果音を入れたりの作業でどのくらい時間がかかるかわかりますか?

動画編集作業をやったことがある人ならわかるかもしれませんが、実際10分くらいの動画を編集するだけでも数十分〜数時間はかかります。

なので、もし1案件1,000円で受けて動画編集作業に2時間かかった場合に時給換算すると、時給500円となってしまいます

1案件1,000円の動画編集作業を1日5本受けたとした場合、約10時間働いても5,000円にしかなりません。。。

そのためある程度スキルや経験を身に付けたら、なるべく時給換算した時にあなたが望む金額を下回らない案件を受注することをお勧めします。

動画編集作業をするために必要なものについて

あくまで私の動画編集の作業環境ですが、参考程度にお伝えします。

比較的ストレスなく動画の編集作業ができるスペックだと思います。

パソコン

MacBookPro15インチ(2019年版)
※メモリのみ16GBに増設

ソフトウェア

Adobe Premire Pro CC

 

以上、動画編集作業の料金相場まとめになります。

これから動画編集作業に挑戦してみたい方や、動画編集を外注したい方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスのWEBエンジニアとして活動中。 WEBの専門家としてWEBディレクションからコーディングまでを一通り経験。 WEBで悩んでいる方に役立つ情報をブログで配信中。 ライフワークでは、キャンプにはまってます♪