独立したい人が手に職をつけるための3つの方法

手に職をつける3つの方法

将来フリーランスや個人起業家として独立を目指している人のために、手に職をつける方法をまとめました。

これから独立して稼いでいきたい人は参考にしてください。

手に職をつけるための3つの方法

手に職をつけるということは、自分一人で業務や工程の役割を担えるようになるということです。
そして、自分一人で仕事をこなせるようになるには、実際に作業を行い経験する必要があります。

そこで今回は、手に職をつけるための方法として「経験の積み方」を3つに分けて説明します。

1.企業に勤めて経験を積む

1つ目は将来あなたが身に付けたい職種の企業に就職して経験を積む方法です。

この方法は実際にあなたが身に付けたい仕事に時間をかけることができるため、早い期間で手に職をつけることができます。
また企業に勤めるメリットとして、わからないことがあれば先輩社員に質問できることが挙げられます。実際の仕事を通して経験を積めるためおすすめです。

2.副業で経験を積む

2つ目は副業として仕事を行い経験を積んでいく方法です。

本業の仕事が終わった後や週末の休日などに時間を確保して、仕事の経験を積む方法です。
忙しいサラリーマンなどが新しいことにチャレンジする場合によく選択される方法ですね。

この方法は普段の生活の中で、副業の時間が確保できる方のみに有効です。
毎日夜遅くまで残業があったり、毎週のように休日出勤しなければならない状態の方にはこの方法は選択できないでしょう。

副業したい方向けに、幅広いジャンルに対応していて、登録者がここ最近増えているサービスをお勧めします。

▼スキルのオンラインマーケット『ココナラ』▼

3.趣味で経験を積む

3つ目の方法は身に付けたい職の仕事を趣味でやってしまうという方法です。

趣味で行う作業なので無料でも実施できることから、多くの仕事(ボランティア?)が発生しやすく様々な経験ができる可能性があります。

そして趣味を仕事にできることで、将来的に楽しく仕事をしていける思います。

手に職をつける方法のまとめ

上記3つの方法で独立するために必要な経験を得られます。

中でも理想の方法としては3の方法です。
趣味を仕事にできれば人生がとても楽しくなるだろうなと思います。

後の2つは現実的な方法だと思います。実際には1、2の方法を経由して独立している人が多いのかなと思います。

さらに言えばですが、ここで紹介した方法に追加して「塾やスクールに通う」ことで、できることが増えてより多くの経験を積むことができると思います。

あなたもぜひ効率良く手に職を付けて独立を目指してくださいね!
応援してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 8 =

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスのWEBエンジニアとして活動中。 WEBの専門家としてWEBディレクションからコーディングまでを一通り経験。 WEBで悩んでいる方に役立つ情報をブログで配信中。 ライフワークでは、キャンプにはまってます♪