レンタルサーバー会社の選び方とおすすめ

レンタルサーバー会社の選び方とおすすめ

Webサイトの置き場所とは?

Webサイトを公開するには、まずWebサイト自体の置き場所(サーバー管理会社、もしくは自社や自宅など)を決める必要があります。

置き場所といってもわかりずらいかもしれませんが、Webサイトを家に例えるなら、置き場所とは土地(家を建てる場所)になります。ここでは、置き場所=レンタルサーバー会社となります。

Webサーバーとは?

置き場所を決めたら次にWebサーバー(ウェブサーバー)と呼ばれるサーバーが必要になります。Webサーバーとは、かんたんに言うとインターネットに接続されたパソコンです。このWebサーバーを自前で用意するか、レンタルされているものを利用するか決める必要があります。

※この記事では、レンタルサーバーを利用することを前提に説明していきます。

そして、用意したwebサーバーにWebサイトのもとになっているデータ(htmlファイルなど)を設置することで、インターネット上にいつでも、だれでも、閲覧できるWebサイトを公開することができます。

次にそのWebサイトの所在地を明らかにするため、ドメイン(住所のようなもの)を決めて取得する必要があります。ドメインの話をすると長く複雑な内容になるため、ここではかんたんに説明します。

ドメインとは、WebサイトのURL「http://●●●●.▲▲▲/」の●●●●.▲▲▲部分になります。この部分がWebサイトの所在地になりますので、Webサイトを公開するまでに決める必要があります。メールアドレスでいうと「taro@test.local」のtest.local部分がドメインになります。

最終的に用意したwebサーバーと取得したドメインの紐づけを行うことで、Webサイトがインターネット上に公開されます。

(参考情報)
私がWebサイト制作のお仕事をしている中でよく使っていたのは、下記のレンタルサーバーサービスです。

  • さくらインターネット株式会社
  • GMOペパボ株式会社(ロリポップ)
  • エックスサーバー株式会社
ちなみに私のお勧めは、エックスサーバー社のレンタルサーバー(X10)です♪理由は単純ですが、Webサイトの表示速度が速く、運用する際にストレス無く操作できるからです(^^)きっと閲覧する方のストレスも他社のレンタルサーバーと比較するとグッと少ないはずです。

また忙しい時間の中でWebサイトの運用をすることになると思いますので、作業も早く効率よくできた方がいいですよね?

ここまでがざっくりとした環境についての内容になります。

レンタルサーバーの選び方

次に、レンタルサーバーの選び方について説明します。

あなたが立ち上げようとしているWebサイトでは、どのような運用を想定しているでしょうか?

  • ブログページを設けて定期的に記事をアップしていく
  • 商品紹介ページを設けて定期的に画像をアップしていく
  • WEB上の会社案内として長期間更新されない内容を公開していく
  • ものを販売できるネットショップとして公開していく

ブログを運用する場合

もしブログページを設ける予定があれば、データベースも利用できるレンタルサーバーを選択してください。

ネットショップを運営する場合

またネットショップを運用していきたい場合も同様に、データベースが利用できるレンタルサーバー、もしくはネットショップ専用のレンタルサーバーを選択してください。

看板のように作りっぱなしで放置しておく場合

長期間に渡り更新する予定がないWebサイトの場合は、データベースが利用できないレンタルサーバーを選択することも可能です。更新など不要であれば、レンタルサーバーの費用が安いデータベースが利用できないプランで大丈夫です。
※ただし、データベースが利用できるレンタルサーバーの方が、将来的な拡張性があるためおすすめです。

上記の内容を踏まえて、あなたの目的に合ったレンタルサーバーを選択するようにしてください。

私が普段お客様のWebサイトを制作する際に使用している、レンタルサーバー会社3社を使って応答速度を調査しました。
調査結果はこちらです→『レンタルサーバー3社(Xserver、ロリポップ、さくらインターネット)の応答速度を比較してみた

ドメインの決め方

次にドメインの決め方についてお伝えします。

ドメインには特にこれはダメなどはないのですが、せっかく独自のドメインを取得するなら「こういうのがいいよ!」というものがあります。

それは次の特徴があるドメインになります。

  • 文字数が少なく短いドメイン名
  • 日本国内の法人であれば「.co.jp」ドメイン
  • わかりやすい単語のドメイン名
  • メールを使う場合や海外からのアクセスも欲しい場合は「英語ドメイン」

レンタルサーバーとドメインを契約することでメールアドレスも作成し利用できるようになるため、伝わりやすく、わかりやすく、入力しやすいドメイン名が理想です。

ドメイン登録サービスを選ぶ際に1つだけ注意することがあります。
それはWhois情報公開代行サービスについてです。
Whois情報公開代行サービスの注意事項を見る→

以上がWebサイトの環境を決める作業になります。

このレンタルサーバーはどうなの?とか、こんなドメインは取れるの?など、ご質問やお悩みなどがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね!


WORDPRESS集客用WEBサイト最適化初期セットアップマニュアル

今なら特典で『WORDPRESSをWeb集客に最適化するためのマニュアル』付き!

Webで安定した集客を手に入れたい個人起業家の方へ
実践WEB集客メール講座
【無料】

この講座では、ライターやデザイナー、カウンセラーなどの個人起業家の方が、Webを利用して集客していくための仕組みの作り方を実践しながら学ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 11 =

ABOUTこの記事をかいた人

Web集客コンサルタントとして、個人起業家やフリーランサーの方を対象にWebでの集客に悩んでいる方々の支援をしています。またライフワークでは、アウトドア(とくにキャンプ)にはまってます♪