グループセッションのURLから8080を取る方法【簡単に取れるよ】

グループセッションのURLから8080をとる方法

無償で利用できるグループウェアである「グループセッション」をサーバーにインストールすると、初期の状態ではURLが「http(s)://ドメイン名:8080」になると思います。

このとき、8080ってじゃまじゃないですか?

なので、この8080をとった状態でアクセスしてもグループセッションが利用できるようにする方法をまとめました。

この記事はCentOS7上で動作させたグループウェア「グループセッション」を8080無しでも利用できるようにする手順を紹介します。

グループセッションのURLから8080をとる方法はこちら

まずはグループセッションを表示できるようにする

ここではCentOSのインストール方法やグループセッションインストール方法は割愛しますね。

下記の公式サイトを参考にグループセッションを利用できるようにします。

https://groupsession.jp/support/setup_linux.html

ちなみにSSLが有効でも無効でも(http://でもhttps://でも)どちらでも大丈夫です。

グループセッションURLに8080あり

グループセッションのURLから8080を無くす

URLに8080が無い状態でもグループセッションを利用できるようにします。

Tomcatの設定ファイル「(例)/usr/local/java/apache-tomcat~/conf/server.xml」を開き、下記の定義があるかを確認します。なければ追記してください。

<Connector port="8009" protocol="AJP/1.3" redirectPort="8443" />

次に「/etc/httpd/conf.d/httpd-proxy.conf」を作成します。

中には以下のように記述します。

<Location />
  ProxyPass ajp://localhost:8009/
</Location>

ファイルを保存したら、httpdとtomcatのサービスを再起動します。

たぶん下記のコマンドでサービスの停止、起動ができたはず。。。

(例)systemctl restart httpd
(例)/usr/local/java/apache-tomcat~/bin/shutdown.sh
(例)/usr/local/java/apache-tomcat~/bin/startup.sh

これで8080が無いURL「http://ドメイン名/gsession」にアクセスすることでグループセッションが利用できるようになります。

グループセッションURLに8080なし

以上がグループセッションを8080の無いURLで利用するための方法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + seventeen =

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスのWEBエンジニアとして活動中。 WEBの専門家としてWEBディレクションからコーディングまでを一通り経験。 WEBで悩んでいる方に役立つ情報をブログで配信中。 ライフワークでは、キャンプにはまってます♪