フリーランスの印鑑作成で失敗しない方法【基本1度作ればOK】

フリーランスなら印鑑を作ろう
フリーランスになるけどどんな印鑑を作ればいいのかな?
作ったほうがいいのは屋号に合わせた印鑑?屋号が無いときはどうすればいいの?

このような悩みに答えます。

フリーランス(個人事業主)になると、見積書や請求書、領収書、そして契約書など様々な場面で印鑑が必要になります。

そこでまず、最低限必要になる印鑑の種類をお伝えします。

フリーランスに最低限必要な印鑑の種類

印鑑の種類

フリーランスに必要な印鑑は次の2つです。

  • 個人の認印 → 開業届に必要
  • 個人の実印 → 見積書や請求書などに必要

上記の他にも屋号印などがありますが、屋号がある方は作っておいても損はないかと思います。

印鑑登録について

実印についてはビジネス以外の様々な場面で必要になることがあるため、印鑑登録しておくことをおすすめします。

屋号印については個人事業主は法人格を持たないため、特に印鑑登録をする必要がありません。というか屋号印は印鑑登録できません

ちなみに印鑑登録はマイナンバーカードと一緒にすることが可能なので、マイナンバーカードを発行するときは印鑑登録も一緒にすることをおすすめします。

フリーランスに角印は必要か?

フリーランスに角印は必要ありません

角印とは法人でいう認印(見積書や請求書等の会計書類に使うことが多い)のようなものなので、個人事業主であるフリーランスには実印があれば大丈夫です。

印鑑を作る最適な場所

印鑑を作る場所

フリーランスとしてビジネス活動していくことになるため、きちんとした恥ずかしくない印鑑を作る必要があります。

そして印鑑づくりで失敗しないためにも印鑑は専門店で作りましょう。

有名な印鑑専門店をいくつか挙げますので、あなたが心から惹かれる印鑑を探してみてください。

 

Category: 働き方Tags: フリーランス個人事業主印鑑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × four =